理念・会員制度

理念

 社会福祉法人裾野市社会福祉協議会は、社会福祉法第109条に基づき、全国、都道府県、市区町村を単位に設置され、地域福祉の推進を使命とし、「公共性」「自主性」を併せもつ、民間の社会福祉団体です。 本会では、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすことができる「福祉のまちづくり」を実現するために、次の活動原則により地域福祉活動を推進します。

○住民ニーズ基本の原則:調査や住民の要望、福祉課題把握に努め、住民のニーズに基づく活動を基本にすすめています。

○住民活動基本の原則:住民の地域福祉への関心を高め、そこから生まれた自発的な参加による組織を基盤として活動をすすめています。

○民間性の原則:民間組織らしく、開拓性、即応性、柔軟性を生かした活動をすすめています。

○公私協働の原則:社会福祉、保健・医療、教育、労働等行政機関や、民間団体との連携を図り、行政と住民組織との協働による活動をすすめています。

○専門性の原則:住民の活動の組織化、ニーズの把握調査、地域福祉活動の計画づくりなど、民間福祉の専門性を生かした活動をすすめています。


会員

 地域福祉活動を展開するには地域住民の皆様のご理解とご協力、また活動に参加していただく事が必要です。                本会では、住民の皆様をはじめとし企業や法人及び事業主さまなどから会費をいただき、会員制度を実施しております。           会員となって会費を納めていただくことで、間接的に地域福祉活動に参加していただくという意味があります。また、加入はあくまでも任意であり、会員になったからといって、活動を強制されることはありませんが、「福祉のまちづくり」を実現するために、皆さまのご支援・ご協力をお願いいたします。

会費の種類と金額のご案内                                              

○住民会員:500円(各世帯)                                                   

○賛助会員:1,000円以上(個人)                                      

○普通会員:3,000円以上(社会福祉機関・団体・施設)                  

○特別会員:10,000円以上(企業・事業所・個人)

会費の使途について 

 皆さまから納入いただいた会費は、高齢者、障害者、子どもたちなど全ての住民が安心して暮らすことのできる「福祉のまちづくり」をすすめる貴重な財源になります。

会費を財源としている事業

・高齢者のために…ふれあい給食会、ひとり暮らし高齢者野外交流事業など                               ・障害児者のために…障害者交流会、福祉車両・車いすの貸出、おもちゃ図書館事業など                         ・福祉団体のために…民児協、障害者、青少年、遺族会などの団体活動費助成など                            ・地域福祉のために…福祉有償運送事業、お互いさまサービス、ふれあい健康まつりなど                         ・ボランティア活動のために…研修会・講習会の開催、保険の加入など                                 ・その他の事業…日常生活自立支援事業、児童青少年福祉活動、福祉大会、広報活動など